金町 マニーワン

金町 マニーワン

金町 マニーワン

金町にあるタイ古式マッサージ店、マニーワンの訪問レポートである。

しつこいようだがこの日も私はポケモンGOの為に綾瀬駅へと向かっていたのである。そしてこの日私は「さあ今日は歩くぞ」と気合に満ちていた。と、言うのも本格的にウォーキングと平行して行う為にジョギング用のシューズを新しく購入したからなのだ。

別に高い物では無く、むしろスニーカーとして考えても値段だけ見れば安い部類の物なのだが、セールで安く買えたので安物と言うわけでは無い。駅に向かうまでの徒歩の間だけでもさすがジョギング用シューズだけあって歩き心地が全く違う、ふわっとしているのである。これならどこまでも歩いていけそうだ、私はそんな気分で意気揚々と電車に乗り込んだ。

駅についてからもかなり早足で目的地である東綾瀬公園へと向かう、私の足取りは軽やかだった。東綾瀬公園は現在ガーディと言うポケモンの巣になっているのだが、目的の数を2時間程で集める事が出来た。当初の予定では駅まで戻り、電車に乗ってもう1つの目的地である金町の水元公園へと向かう予定だったのだが、この日の私はジョギングシューズの予想以上の歩きやすさに少々頭がどうかしていたようである。

オススメ記事

水元公園は駅から大分離れており歩けない程では無いが通常ならバスを使うような距離だ、駅まで戻り電車に乗り、バスに乗って公園に向かう、その手順がその時の私にはとても面倒に感じた。そして私は今考えると間違った決断だったと心から思うのだが「ここから水元公園まで歩いても大して変わらないんじゃないか?」等と考えてしまったのである。

水元公園がゴールならばその選択もあながち間違いでは無いのかもしれない、しかしこの場合水元公園への到着はゴールでは無く第二ラウンドのスタートなのだ、そして水元公園は東綾瀬公園のような小規模な公園では無く到着後も相当歩き回るはめになるのだから。

結果的にこの日私は合計で15キロ以上を歩く事となった、水元公園はとても広く、現在はゴースと言うポケモンの巣になっており園内の至る所に常時出現しているような状態なのだが、全てを捕獲しようとすると園内を右往左往せざるを得ない、ただポケモンの沸きが良かったのもあって2時間半程で目的の数を手に入れる事が出来た、非常に満足してこの日私は水元公園を後にした。

どうせならばとばかりに水元公園から金町駅までも歩いて帰った、さすがにジョギングシューズでもこれだけ歩くと足は悲鳴を上げている、どこかマッサージ店に寄ってから帰ろう、そう私は考えた。

こういう本当に体が・・・いや、主に足裏が悲鳴を上げている時にチャイエスと言う選択肢は選べない、タイマッサージで検索してみる事にした。しかし金町にタイマッサージ店はそれほど多く無い、サヤームリラックスは去年訪問して余り良い印象が無いので候補からは除外、そうするとバーンラワンナかマニーワン、この2拓になってしまった。

一応もう1つユラリナと言うタイマッサージ店があったのだが、こちらはHPを見る限り日本人の方がやっていて女性専用のような雰囲気を感じたので候補には入れなかった。

そんなこんなで金町駅前でスマホ片手にしばし考え込む、もはや立っているだけでも足が辛い状態である、ただバーンラワンナはHPのトップに大きくそちらへの期待はありませんよと言う宣言がされていたのが気になって結局マニーワンを選択したのである。ただHPの雰囲気を見る限りではマニーワンも健全そうではあるのだが、バーンラワンナは物凄くHPの文面からそういう類の物を警戒している感じがしたので今回は見送ったのである。

駅からすぐなのでいつも通り予約等せずに向かう、し店内に入った瞬間に「ここは健全だ」と私はスッキリ関連の期待を全て捨てた、そもそも本当に疲れていたのでそういう気も余り無かったのだが。健全目線で見るならば実に技術に期待できそうな熟女に出迎えられた、ただし私はそういう目線で見ても彼女は全然許容範囲内である。

店に入った瞬間に先客が居なかったのは判っていたので当然のようにすぐ入れると返事を頂く、足つぼをちょっとやって欲しかったのだが、足ツボだと大分コスパが悪くなるので少々ケチってしまった。古式の90分コースでお願いする。どこが疲れているのかを聞かれたのでとにかく足と答えておいた、商売っ気のある嬢ならその言葉で足つぼコースを薦めて来るだろうと思っていた、そして薦められたらそっちに変えてもいいかなと少し思っていたのだが彼女はそうしてこなかった。

当然古式コースなので施術着へと着替える、たまにこれを毎回ちゃんと洗ってるのかが気になってしまう、実際使いまわしているお店もありそうだ。そんな心配をしつつも私は施術着を産まれたままの姿になってから身に着ける、これは何も不埒な心だけじゃなくてそのほうがリラックス出来るからだ・・・と、言い訳をしておこう。

古式なので接触事故なんて物は無いのだが、最初に足と言っておいたのもあってちゃんと足を入念に揉んでくれた。お陰で仰向けでふとももを押される時に施術着越しにではあるが私のそれに手が当たる、多少反応してしまうが嬢は見て見ぬフリをしているので私もノーリアクションで過ごした、この「反応してはいけない空気で反応してしまう」と言う背徳感もたまには悪くない物である。

当然スッキリ等の展開は無く健全に終了したが、疲れていたのもあって精神的にも肉体的にも満足した。たまには古式も悪く無い健全なお店だからこそ古式でもそういう楽しみ方が出来るのだと思う、これがスッキリがあると確定している店だったら多分余り楽しく無いような気がする。

ポケモンの巣としても東綾瀬公園はバラエティーに飛んだポケモンの出現の仕方をするのでそのうちまたこちらには訪れようと思う、その際にはもしかしたら金町まで今度は電車ではあるが足を伸ばしてこっちにも再訪するかもしれない。

 

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...
  Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。

金町カテゴリの最新記事

Top