桜木町・関内

曙町 な●こ治療院

関内駅
曙町にあるな●こ治療院に訪問した時のレポートである。

この日私は珍しく直接的なお店行きたい気分だった、まだエステ等を知らなかった頃はそういうお店をメインに通っていたので原点回帰をしただけである。

そういうサービスを受けたいのであれば韓国系のエステに行けば良いし、さらにその先に進みたくなったとしても名ばかりではあるがそういうタイプのエステ店もある、それを知ってしまっているのだから余計にだ。

ただ、この日の私は撫子とコミュニケーションを取りたい気分だった。

しかし都内だとメインはすっかりデリタイプになってしまった、その為「どこにしようかな?」とフラフラと歩き回って決めるなんて事がし辛くなり、そういう過程を楽しみたい私にはデリと言うシステムはとても不都合で、尚且つホテルで嬢を待ったり、受付所で受付だけ済まして嬢とホテルに一緒に向かうなんてのもとても面倒に感じてしまうのだ。
そういうのは最初から最後までお店の中だけで全て完結させたいのである。

そこで曙町へと今回私は足を伸ばした、昔に比べると受付だけで後はホテルに移動するようなお店も増えてはいるのだが、それでも関東地区で数においては郡を抜いているだろう。初めて曙町を通りがかったのは若かりし頃、確か友人の車で湘南に行った帰りだっただろうか?大通り沿いだけでも結構な数の店があり、そういう世界をまだ知らなかった私には物凄い光景に移ったのだ。

それから数年後、渋谷の店にて当時の上司に連れられ初めてその手のお店に行った私は満を辞して一人で曙町に降りたった、その時から既に20年近く立っているのだが未だ店名を変えずに営業しているような老舗もあるから驚きだ。

私の初曙町はそんな現在でも営業を続けている老舗の1つだった、曙町では結構な大手であるミクシイグループ(SNSのミクシイとは勿論何の関係も無い、と言うよりもSNSが登場するよりもずっと前からこの社名だった)が運営しているお店で、曙町には上から下まで全てがミクシイグループで占めているようなビルがある。ちなみに私もこのグループのお店には結構お世話になった。

 

もう1つハレグループ(こちらは全国展開しているさらに大手)もあるのだが、コンセプトがその2つのグループは似ている店舗が結構有り、ハレグループよりも若干安い金額設定になっていたのでミクシイグループの方に私は行く事が最初は多かった。

しかし、その後某有名クチコミ投稿サイトを知り、そこで盛んにFeelと言うお店がレポートされている事を知った。レポートを見てそちらに行くようになってからはすっかりミクシイグループに行かなくなってしまった。何故なら「ミクシイグループよりも安くてサービスが一段階上」だったからである。

フリーで行くとビジュアルに難がある女性が出てくる確率も高いお店だったのだが、全体的にサービスはきちんと徹底されており、そこまでビジュアルを重視しない私にはサービスさえ良ければあまり気にならない、むしろ一生懸命やってくれていれば多少ビジュアルに難があっても私には可愛らしい女性に見えてくるのだ。

ただし現在では値上げもしてしまってお得感が余り無くなり、私もそれが理由で足を運ばなくなってしまった。そんな方はきっと私だけでは無いのだろう、以前に比べるとfeelは大分寂れてしまった印象がある。

曙町にはメインストリート付近以外に大岡川沿いにも店舗が点在しており、そちらは良く言えば通好み、悪く言えばマニア向けの店もあったりするので曙町に行かれた際にはそちらにも足を運んでみるのも良いかもしれない。そちら方面も見て回りたい場合には黄金町駅からアクセスすると一番効率が良いだろう。ただし今回私は関内駅からアクセスしたのでそちら方面はスルーしてしまった。

関内駅から曙町まではそこそこ距離があるのだが、私にとっては数十回以上歩いた道なので今更気にはならない。途中ラーメン二郎関内店をチラ見するが結構な行列なので今日も恐らく行かないだろう。インスパイア店も増えて待たずにその手のラーメンが食べられるようになってしまったのもあり、行列に並ぶのが苦手になってしまった。

ラーメン二郎からもう少し先に歩くと目的のエリアが見えて来た。「さあ今日はどこに行こう」と私の心は昂ぶる。まずはミクシイグループのエステビルの看板に目をやるが特にそそられない、地下の店では過去に結構な地雷に当たったのを思い出した。部屋に入ってからプレイ時間中の半分を会話で潰され「あ、プレイしなきゃね」とシャワーも浴びずにいきなりプレイが初まり、後はシャワーをして終わりと言う嬢だった。ある意味サービスが良いと言えるのかもしれないが・・・普通に地雷だろう。

このエリアにはタイマッサージも相当数あるのだが、どこも健全で嬢と顔なじみになったらこっそりなんてお店もあるのかもしれないが、向こうからスッキリを打診してくるようなお店は殆ど無い印象である。なので今回タイマッサージは候補から除外する。

色々歩いて悩んだ挙句、結局久しぶりにfeel&airiに行こうと決める。このお店はサービスは良いのだが過去に店員が客に暴行を加えた挙句100万円を請求するなんて事件を起こしており、この日はふとそれを思い出して足が向かなくなってしまった。

feel&airiのビルの前まで来た所で少し先に「な●こ治療院」と言う看板が目に入る。確かあそこはハレグループのビルだった・・・ハレンチグループはサービス等の嬢の教育はある程度行き届いているのだが料金が全体的に少し高めなのが難点だ。

なんとなくその間の抜けた、しかし直球な店名が気に入ってしまった私は、訪問予定であったfeelのビルを通り過ぎそちらへと向かってしまう。そして導かれるように店へと入ってしまった。

さすがハレグループ、店員の応対は悪く無い。お店のコンセプト等を丁寧に説明してくれる、一応ここはメンズエステらしい。指名料2000円が惜しいのでフリーでと告げさらに最短コースを選択する。それでも私がいつも行くような店の90分相当の金額なのだからやはり割高である。

料金支払い後いつものようにここで注意事項を説明される、相変わらずこのグループはこの説明が細かい。

料金を支払い待合室で待つ、余りお店は流行っていないのかすぐに呼ばれた。そしてまた細かい注意事項の説明だ、いつも思うがちょっとしつこい。ソフトサービスの店という事で嬢のビジュアルはそれなりに高いのだろうと予想していたのだがそうでも無かった。

フリーにしたのが間違いだったのかもしれないが、普通の店でも目立たないであろう子がそこには立っていた。ぽっちゃり体型で黒髪、化粧は一応しているのだが中途半端な化粧が余計に彼女の野暮ったさを強調してしまっていた。個人的には好きなタイプなのだがそれはあくまで普通の店で出て来た場合で、この場合はすこしがっかりしてしまった。

そんな彼女に部屋へと案内されるが心の中では素直にfeelに行けば良かったと後悔している、脳内では奥田民生の大迷惑のサビがエンドレスで流れている。

シャワーに案内される、洗ってくれず一人シャワーを浴びる。彼女は悪くない、彼女は店のいいつけ通りに働いているだけだ、じゃあ誰が悪い?勿論このお店に入った私が悪い。

シャワーが終わるとうつ伏せからマッサージが始まる、こちらは思ったよりは上手である。50分コースなので短時間ではあるが一生懸命やってくれていた。彼女はきっと生真面目な性格なのだろうと感じた。

ただし禁止事項とプレイ内容が予め伝えられている状況では際どい所に手が伸びてきても何の感動も興奮も無かった。

例えるならば最初から犯人が判っている推理小説を読むような物であった。ただし彼女は感じよく積極的に話しかけてくれるので気分的には癒されている、そう彼女は一切悪く無い、お店も一切悪く無い。私が悪い。

仰向けでは顔に彼女の胸を押し付けられながら際どい所をマッサージされる、しかも生の感触でさすがにそれは反応してしまう。なるほどその程度はあるのかと遠慮なく手を伸ばす。その後は添い寝状態で終了。

「若い日本人がマッサージしてくれてスッキリが確約されている」

そう考えれば悪いお店では無いだろうと思う。都内ではこのお店よりも高い金額を取っておいてスッキリどころかマッサージすらまともに出来ないようなメンズエステ店があるのだから良心的と言えるだろう。

しかし私がエステに求めているようなハプニング感はこのお店には一切無く、その点が私の嗜好とは合わなかった。サービス方面での地雷はハレグループなのもあって恐らくそんなに居ないだろう。安定を求める方にはお薦めかもしれない。

ただし私は当所の予定とは全く違う結末にガッカリしつつ、とりあえず食事をして休息し、下が復活すればもう1店舗ハシゴしようかと考えた。すぐ近くにあるサンマーメン発祥の店である玉泉亭にてサンマーメンと炒飯を食し回復を待つが、なんとなく気分が乗らずに結局この日は帰宅した。

やはり推理小説と同じく、結末が判らない店の方が私には合っているようだ。

 

-桜木町・関内
-,

© 2021 アジアンエステレポ.jp