上野 タンタワンビューティー

上野 タンタワンビューティー

%e4%b8%8a%e9%87%8e%e3%80%80%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

上野にあるタイ古式マッサージ店、タンタワンビューティーの訪問レポートである。

前回訪問を試みるも待ち時間がかなりあった為に断念したこちらのお店であるが、今回は私にしては珍しく数時間前に予約をしてから訪問をした。

場所はこのお店の恐らくは前進であるヨーコビューティーと同じく上野アルベルゴ内である、人の出入りがかなりあった為本当はいけないのかもしれないが前の人が入るのに続いてそのまま入らせて頂いた。

するとエレベーターホール横の掲示板に赤く大きな文字で恐らくはアルベルゴに多々存在するであろうお店への警告文が貼り出されていた、平成の九龍城等と呼ばれていた魔窟も、いつまでも魔窟では居られぬと言う事なのかもしれないが、アルベルゴが完全に健全化してしまったら少し寂しい物である。

とは言っても現在でも多数お店が営業を続けているのを見る限りでは完全に健全化するにはまだ猶予がありそうだが。 

オススメ記事

部屋のチャイムを鳴らすと出てきたのはナイトネットのHPで一番目立っている方である、恐らくは彼女がママさん的な立場なのだろう。

そのまま部屋に迎え入れられる、彼女がそのまま担当なのだろうかと思ったが彼女はどこかに電話をかけ、そして少しして別の女の子が部屋に入ってきた。

ママさんのいかにもタイの方らしい顔立ちに比べると次に入ってきた彼女の顔は若干タイの方にしては薄目である。ただそれは決して悪い意味では無くむしろ可愛らしいと感じる方であった。

支払いを終えるとママさんらしき女性は退室、ワンルームに二人っきりとなる。シャワーはセルフで紙のアレは無い、前身のヨーコビューティーと同じ料金設定なのも考えると内容も同じなのだろうと私はこの時安心していた。

シャワーをセルフで終えうつ伏せになる、普通タイのオイルは足から始まり両足を終えてから上半身へと移行するような手順の場合が多いのだが、彼女の施術はとても独特だった。

片方の足を終えると反対側の上半身の施術をし、次にまた下半身に戻り先程とは逆の足をしてまた反対側の上半身・・・と、クロスを描くかのような手順でマッサージをしていた。

我流なのか習った所が独特なのかは判らないが、彼女の技量は悪く無い、むしろ全体的なレベルで言えば相当上手な方だ、素直にそれを褒めると彼女はニッコリと微笑んだ、とても可愛らしい笑顔だった。

私はその笑顔だけでなく施術の技量や、真面目な手つきも含めて彼女にとても好印象を持った。

ただし、逆に足の施術では際どさが全く無かったのもあってそちら方面にはこの時点でいささかの不安を感じ始めていた。

もしかしたら初見の客にはと言う2回目ルールのような物があるのかもしれないと考えた私は、会話の端々に以前のお店には何度もお世話になっているなんて話をさりげなく振り、初見客じゃないと彼女に認識されるように誘導を織り交ぜる事にした。

しかし彼女は以前のお店の事は知らないようで余り効果は無かったようだ。

仰向けでも際どさは全く無く、私のソレが反応を示すような事も無かった。彼女のマッサージはとても上手なのだが、施術が進むにつれて私の不安はどんどんと大きくなる。

そんな気持ちを抱えながらも一抹の望みは捨てず彼女の上手で真面目な施術を受けていたのだが「そろそろ終わりですがシャワーはどうされますか?」とのお声がけを頂いた時、完全にそういうい意味では私の敗北が決定してしまった、、彼女に大変好感を持っていた為に余計にガッカリである。

私はこういう場合大抵大人しく従うのだが、彼女に好感を持っていた&以前と全く違うシステムになったのを心が受け入れられず、私としては珍しく「スッキリは無いのですか?」と問いかけてみた。

嬢からは一切そういう物は持ちかけず、客側からの要望があった時のみ応対するようなパターンのお店もあるからだ。

しかしそれを告げると嬢は申し訳無さそうに「ごめんなさい、うちはそういうのやってないんですよ」と私に返答をする。その口調と表情から察するに初見客だからと言った訳でも無く、お店としてはそういう物はやっていない・・・いや、彼女は少なくともやっていないのだろうと察した。

どうやらお店の方針としては以前と違い完全に健全なお店としてやっていくようである、人によって変わる可能性もまだ残されてはいるのだが、それは別にこのお店に限った話では無いだろう。

彼女は大変に素晴らしい女性であったのだが期待と落胆のジェットコースターを二度は味わいたく無いのもあり、私がもうこちらのお店に行く事は無い。過ぎた日は及ばざるが如しなのだが、以前のお店の事を思い出すと余計に寂しい気持ちになってしまう。

こんな寂しい気分の時には辛い物でも食べてせめて身体を暖めようと思い私は御徒町駅へと歩いた、目的地は蒙古タンメン中本である。

北極の熱さと辛さがきっと私の心に渇を入れてくれるだろうとそんな風に考えたのだ。

しかし、時間帯が悪かったのかお店の前にはそこそこの人数が並んでおり、並ぶのが嫌いな私はすぐに他のお店を探した。

するとすぐ側に以前は無かったカレー屋が出来ている、POPには「神田カレーグランプリで殿堂入り」等と書いてあり、人もそこそこ入っていた為、辛い物が食べたかった私は迷わずそこに入る事にした。
美味しいカレーだったが、この時の私の気分には合わなかった。

むしろこの日の気分にはカレーだったらデリーに行ってカシミールカレーを頼んだらぴったりハマっていた事だろうと思う。

この日はエステも食事も「思ってたんと違う!」と、叫びたくなるような結果に終わってしまい、身体は上手なマッサージのお陰で快調なのだが心はどんよりとした心持ちで帰路についた。

 

 

Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...

上野・御徒町カテゴリの最新記事

Top