エステ・マッサージコラム

メンズエステ・アジアンエステ入門乃書~楽しく安全に遊ぶ為の心得~2021


どんな世界であっても最初は誰しもが初心者である、それはエステにおいても然り。

とは言え大体の方はこちらのHPにたどり着いた時点で既にある程度エステと言う物を知っているだろうとは思うのだが、何かの間違いでまだエステと言う物に行った事が無い方も居るかもしれない。

そんな方でもこのHPにたどり着いた時点で少なからずエステと言う物に興味を持っている場合が多いだろう、そこでこのページではアジアンエステと言う物についてを解説していこうと思う。

既にある程度エステに行かれている方でももしかしたら新たな発見があるかもしれない、時間がある時にでも流し読みして頂ければ幸いである。

 

そもそもエステとは?

当然ここで指しているエステとは女性の方が良く行くようなたかの友梨やTBC等のビューティーサロン系のエステとは違う、

最近ではMENS TBCなんて言う男性専用のそういうエステもあるようだが当然それとも違う。

さて、ではこのページで説明するエステとは何をしてくれる所なのか?

答えは単純に言うと「マッサージをしてくれる所」である。

マッサージと言っても整体師や針灸師のように国家資格を持っているわけでは無い、良くてどこかのマッサージスクールの卒業証書程度の物であるし全くそんな資格の無い方が働いていたりもする。

恐らくは日本人店であればかなりの割合でHPに

「当店のマッサージはリラクゼーションとしてマッサージを行っておりを医療行為を目的としたマッサージ店では御座いません」

等と言う文章が記載されて居る事だろう。

要するに怪我や病気の治療目的で来るような場所では無いと言うことだ。

ただし当然マッサージと言うのは個人の技術に左右される部分が大きい為に上手な人に当たれば身体の凝りはすっきりとほぐれるだろう。

また、営業時間も実際には午前3時過ぎでもやっているお店は少なく無い為に終電を逃してしまった際に仮眠する場所としても利用出来たりするのが便利と言えば便利である。

 

サービス(意味深)があるんじゃないの?

エステナビ等大手のエステ紹介サイトを見ると一般エステとそれ以外なんて形で記載がされているのだが、一般ではないエステに関してはサービスはあると考えて構わないだろう。

ただしどこまであるのかは当然店による、あくまでエステとしてマッサージに重点を置いており、そちらはオマケ程度だったりするお店もあれば、逆にマッサージがオマケのお店もあったりする。そこはHPを見て判断されるのが良いだろう。

また、一応そういうサービスは無い事になっているエステナビ等で一般エステと言う区分をされているお店でも100%そうでは無かったりする場合もあるのだが、そちらも店、あるいは嬢による部分が多くどうなのかと言う名言は出来かねる。

ただし基本的にはあくまでマッサージ店、特に街で看板を出して営業しているようなお店では過度な期待は禁物である。

 

エステ店の種類と内容について

エステ店にも色々な種類がある、そしてそれぞれのジャンルによって内容はかなり違うのでここでは種類と内容の紹介をしていきたいと思う。ただしあくまでも一般的な物なので自分の行ったお店と全然内容が違うと思ったとしてもそこはご了承頂きたい。

中国エステ

こちらは恐らく数で言えば一番多いジャンルだろう、穴開きベッドで行うタイプのお店もあればマットレスで行うお店もある、サービスがあったとしてもハンドのみのお店が多いだろう。マッサージの腕前も嬢によってかなりの差があり、マッサージなんて一切やった事が無いにも関わらず働いている子も居る為、特に若い子が多い店ではマッサージの腕に余り期待してはいけない。

 

韓国エステ

韓国エステの一番の特徴と言えばやはりアカスリだろう、あとは足踏みマッサージや大量の蒸しタオルを使う所辺りだろうか?中国系のお店でもアカスリを一応やってくれる所はあるが、韓国系の本格的なアカスリとは技術に雲泥の差がある。ただしアカスリは一応洗ってはいるのだろうが供用なので(スーパー銭湯のアカスリでも同様だが)潔癖症の方には色々と向かないお店でもある。

韓国系のお店は大体がマットレスでは無くマッサージは顔の部分に穴が開いたマッサージベッドで行っている、それと言うのも足踏みマッサージをきちんと行うお店では天井に嬢が掴まる為の棒がついており、そちらにて客の身体にかける体重を調節しているのである。当然マットレスでは嬢がたってもその棒まで手が届かない為に必然的にベッドになっているような気がする。

サービスに関してだが、本当に健全にアカスリやマッサージを行っているお店も少なからずあるのだが、地域によっては結構色々とサービスしてくれるお店に当たる事も多いだろう。

シャワーイテキマース

と言うカタコトな日本語が聞けるのはエステ店においてこちらのジャンルだけである(と思う)

 

タイマッサージ

そもそもエステですら無いのだが、当サイトで一番のメインになっているジャンルでもある為に紹介させて頂いた。基本的には上記3店舗の中で一番健全に終わるパターンが多い。そしてもしもそういうサービスがあった場合でも2~3枚程の追加チケットを請求をされる事が多い。

ただし、基本的な料金設定が上記2種類の店舗よりも安い事が多い為、追加を含めて大体同額になる事が殆どである。

また、タイマッサージは基本的なマッサージ技術がそれなりにしっかりしているお店が多いので疲れを癒したい時には一番良いと思う。

よっぽどで無い限り物凄く下手な子に当たる可能性は低い。ただし平均的な嬢の年齢層が一部店舗を除くと高めな傾向がある為、若い女性にマッサージされたい方には向いていないかもしれない。

 

撫子エステ(メンズエステ)

基本的にはサービスを名言するような文言が店名についていない限りは健全だと思った方が良い。

ただし健全と言うのは語弊はあるかもしれない。なぜならあくまで核心部分には触れないと言うだけで施術自体を客観的に見たら健全と言う言葉に疑問を感じるようなメンズエステが数多くあるからだ。

この手のお店を好むお客は、そのグレーゾーンを行ったりきたりする感じを楽しむのだろうが、私はまだその域には達していない。

そして撫子メンズエステは運営方針等から滲み出る雰囲気が私は好きになれない。

 

○○エステ

エステとは名ばかりで、完全にマッサージ以外がメインの目的になっているようなお店である。

一応申し訳程度に5分程適当に指圧をする店もあるのだが、当然下手でただの時間潰しとしか思えない程度の物である。

昔はこの手のお店が安い所なら8000円前後と大変にリーズナブルな値段の所もあるのだが、現在ではそこまで安いお店は殆ど見かけない。

 

とりあえずジャンルとしてはこんな所だろうか?また思いつく事があれば補足として追加で書き足そうと思う。

-エステ・マッサージコラム
-, , , , ,

© 2021 アジアンエステレポ.jp