蒲田 レディラック(Lady luck)

蒲田 レディラック(Lady luck)

蒲田 レディラック
店名:レディラック
場所:蒲田

昨日紹介した癒し屋に引き続き、こちらも恐らくは癒し屋春の系列店だろう。少し前まではフェアリーと言う名前で営業していたのだが今回店名を再びチェンジした。場所は癒し屋春時代と変わらぬJK蒲田駅からも京急蒲田駅からも少しあるいたマンションの一室。

こちらのマンションは普通に住民が住んでいる為、万が一住民と鉢合わせしてしまうとこちらとしては少し気まずい気分になる。

ただし相手方からすればよっぽど不審な風貌でも無い限りは住民だと思われているだろうから普通に挨拶して良い住民を装うのが得策であろう。

オススメ記事

春時代は100分13000円と蒲田の相場よりはちょっとだけ高い金額にて営業していたのだが、現在の店名になってからは90分1万円と大分安い金額設定になっている。

部屋の作りも私が春に訪問したのは開店直後に1度きりなので正直余り覚えていないのだが、恐らく大きな変更点は無いだろう。

癒し屋春時代と大きく違う点は「全員がF以上」では無くなったことであろう。ただし御徒町の癒し屋に関してはソッチ路線は継続しているようだが、こちらは一応Cからの表記とつつましくなっている。

とは言っても恐らく多少の水増しはされているだろうからC表記の子は実際AかBじゃないだろうか?

さて、先日訪問してみたのだが、良くも悪くも普通の蒲田の店と言った感じで特に感動も不満も無く店を後にするハメになった。色々とネットで情報を検索するとこちらにしろ癒し屋にしろ良い思いをされている方もチラホラ居るようなのだが、それは恐らく嬢個人がサービスが良いだけでお店としてはマッサージもその他についても特に研修等は行っていないような気がする。

もっとも中華系エステで研修をしっかりしているお店を探す方が難しいと思うので、そういう意味でもこちらのお店は標準的なお店と言えるのでは無いだろうか。

癒し屋春に前は良く通ってたと言う方は単純に値下げされたようなものなので喜ばしいのでは無いかと思うが、わざわざ遠くから行く程魅力的なお店かと聞かれたら、普通に近場のお店を訪ねても大して感想は変わらないと思う。

私としても再訪は多分しない、別にこのお店が悪いと言う意味では無く一つのお店に通いつめるよりも新店を色々と巡る方が私は好きだからである。

逆にお気に入りの嬢を見つけて指名を繰り返し攻略するのが好きなタイプの方だったら、良くも悪くも管理がそこまで行き届いてなさそうなこちらのお店の場合、素敵な展開になる可能性も多分に秘めていると思う。

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...
 

蒲田カテゴリの最新記事