蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田にあるタイ古式マッサージ店、モンサヤーム(Monsiam)の訪問レポートである。

実は先日の船橋遠征以降、今日に至るまでエステにもタイマッサージにも行っていない。と言うのもなんとなく先日の遠征(実際には遠征と言う程の距離では無いのだが)で達成感に似たような感覚を味わった為にエステに行く気が起こらなかったのである。

ただし、真面目に家と会社を往復する毎日を送っていたのかと言えばそうでは無い。詳しく説明すると先日の船橋訪問で歳はそこそこ行っている物の大変に寛容な方と殆どマッサージも受けずに一時を過ごしたのもあり、要するにマッサージ店よりも直接的なお店に行きたいと言う欲求が出たのである。

料金もそこそこリーズナブルな熟女&痴女デリを発見した為に先週はそちらに行ってきた、安いお店だけあってそこそこにくたびれた方が出てきたのだがラブホテルに入るなりきっちりとキャラを作ってくれたのでプレイに没頭出来て楽しい時間が過ごせた。

私はどちらかと言うとSだと思うのだが、風俗に関してはMとまではいかないが女性主導なお店に行く事の方が多い。何故ならば楽だからである。Sはサービス、Mはマンゾクの略だと誰かが言っていたのだが、その言葉は概ね正しいのだ。

私は四つんばいにさせられアナルと竿を同時に責められながら、淫らな言葉を投げかけてくる嬢に対し敬語で返答をすると言う状況に大層興奮をしていた。

熟女デリとは言っても私が普段タイマッサージ店で施術をして貰うような本物の熟女程に年季は入っていない、むしろ私より年下であろう。さらにはどちらかと言うと彼女の風貌や雰囲気から察するにプライベートでは男性を立ててそうなタイプで、そんな彼女が一生懸命痴女でSッ気の強い女性を演じている所がとてもそそったのである。

仕事中の彼女も意味は違うがきっちり男を勃てるタイプだった。

「すみませんもうイきそうです、宜しいでしょうか?」

「いいえいけませんもう少し我慢しなさい」

「では手を少し緩めてください」

「駄目ですこの位我慢しなさい」

「無理です!出ちゃう出ちゃいまっ・・・あっ!!」

「駄目だと行ったでしょお仕置きが必要ですね」

「出したのでその手をとめてくだ…無理です無理です!!」

と、そんな感じで素股もフェラも基本サービスに含まれるお店だったのだが、エステと同じく結局最後は手コキでイカされてしまった。エステで完全受身になっていると少々つまらなく感じてしまうのにこういうお店だと大変興奮するのだからシチュエーションと言うのは大事なのだ。

ただし私はドMでは無いので本格的なSMの女王様に調教された場合、恐らく途中で「いやもう良いわ」と冷めて中止を申し出るのが容易に想像出来るので今の所そちらに足を踏み入れる気は皆無である。

あくまで痴女プレイが好きなのであってそちらは私の興味の対象では無いのだ。

オススメ記事

 

そんな最近の私のどうでも良い体験を書き連ねてしまい申し訳ない、本来のこの記事の主旨に戻らせて頂きたいと思う。

こちらのお店に訪問したのは2年以上前である、なので今とシステムが変わっているかもしれないが、恐らくは現在も店ほ基本方針は変わっていない気がする。

こちらのお店を初めて発見したのはラーメン大に行った時の事だった。その昔ラーメン大は線路を挟んでほぼ反対側の場所にて、旧ラーメン二郎蒲田店がそのまま鞍替えして営業していた。しかしいつだったかは忘れたが現在の場所に移転したのである。移転後しばらくして私が大を訪れた時に発見したのがこちらのお店なのだ。

ただし、その日はラーメン大に行くのがメインの目的だった為にスルー、その後も健全だと言う情報を得てしまっていたのでスルーをしていたのである。

そういえばラーメン大の跡地に吉祥寺どんぶりと言うスタ丼のパクりみたいな店がその後オープンしたのだが、スタ丼からすれば面白くなかったと見えてすぐ横にスタ丼をオープンされ、目論見通りに潰されてしまっていた。飲食業界も文字通り食うか食われるかの世界なのだ。

そんな事を書いていたらさらに余計な事を思い出したのでついでに書いておく。

蒲田駅西口に上弦の月と言う行列が出来るラーメン屋があった。味も良く値段も安いのだが、私は行列に並ぶのが苦手なので数回行った程度で特に思い入れは無い。

ただし一般的に見れば値段と味を考えると素晴らしいお店だったと思う。

そんなかつての名店が今年に入って移転して営業を再開したのだが、蓋を開けてみれば旧店主とは全く面識の無い、1ヶ月修行をしただけの方が先代とは別物らしいラーメンを出しているらしく先代からこのお店を愛していた方の中ではちょっとした騒動になっていたようだ。

私が恐らく今このお店のラーメンを食べても先代の味を殆ど覚えていないのできっと違いは判らないだろうが、一度位はそのうち食べてみようかと思う。
駄文を長々と垂れ流して申し訳ない、いい加減お店のレポートに戻らせて頂こうと思う。

確か訪問時に担当してくれたのはぽっちゃり&ニコニコした私の好きな陽気なタイプのタイ人だった。タイマッサージ店で出てくる方はニコニコして陽気な方か、ブスっとして無愛想な方の両極端なタイプに分かれる事が多いような気がする。逆に中国系のお店のように同じ愛想が良いでも色気を前面に押し出して来るようなタイプの接客をする嬢は比較的少ない(勿論居ない事は無い)

タイマッサージ店ではこういう陽気な嬢に当たると最初は嬉しいのだが、あまりにも陽気過ぎて突然マッサージしながら歌いだす嬢も居たりしてどういう反応をすれば良いのか判らなくなる事もあるのが難点である。

そんなに流行ってる店でも無いようで私の他に客は最初から最後まで来る事は無く、カーテン仕切りの店だったが落ち着いて施術を受けれたのが良かった。際どさに関してはほぼ皆無であり最初から最後まで私が反応をする事は無かった。

要点だけかいつまめば↑の数行だけで終わるような薄い内容なのだ。しかしそれではさすがに見た目が侘しいのでこうして駄文で水増ししたくなってしまった、ファッション等は若い頃に比べれば気にならなくなった私だが、そういう部分の見た目はどうしても気になるのである。

昼間の20%オフの時間帯に行けばそれなりにCPも悪く無いお店だとは思うが、それでも錦糸町や小岩辺りに比べると見劣りしてしまう、良くも悪くもスタンダードなお店であった。

 

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...
  Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。

蒲田カテゴリの最新記事

Top