田町 オイファンファ(サロンファンファ)

田町 オイファンファ(サロンファンファ)

田町 オイファンファ
田町にあるタイ古式マッサージサロン、オイファンファの訪問レポートである。

この日私は仕事関連での用事が有り、品川に来ていた。用事の後に昼食を済ませる、そしてこの日は私としては珍しく予定が詰まっておりその後にも別の訪問先に行かなければならなかった。そんな合間に少しだけ時間があったので気になっていたこちらのお店に訪問する事にしたのだ。

と、言うのもサイト↑のマッサージ訪問に役立つリンクの所でも紹介しているタイ関連情報告知掲示板♪にてこちらのお店を発見したのだが、見事に熟した女性だけが勢ぞろいしている写真のインパクトにやられてしまったのである。

田町駅にエステと言うイメージは全く無い、むしろエステ関連で訪れたのは初めてである。そもそも私には田町に来るような用事は殆ど無く、人生でも数える程しか下車した記憶が無いのだ。以前下車したのは数年前にラーメン二郎三田本店に行った時以来だろうか?それ以外でこちらの駅を訪れる用事が思い浮かばないので多分そうなのだろう。

街の雰囲気も場末とも程遠く、そして中国マッサージ店も一応田町には何個かあるのだが数は多く無い。その為にスッキリの期待値は低いと予想し恐らくは健全店なのだろうとそっちには期待せずに行く事にした。

店舗のあるビルの下に行くと「サロンファンファ」と書いてある看板が目に入った。その時点で恐らくは中国系のエステが良くやる同じ店舗だけど2種類HPを作るような手法なのだろうと感じた。家に帰ってから調べるとサロンファンファとしても営業はしているようなので恐らくはそれで合っているのだろう。

 

オススメ記事


サロンファンファのHPに比べるとオイファンファのHPはどことなく男性向けに作られているような雰囲気がある。恐らくは完全に邪念等無く純粋にタイマッサージ店を探しているような方では無く、私のように邪念を持ってタイマッサージ店を探しているような層にもこちらのHPではアピールをして集客をしたいのだろうとそんな風に感じた。

お店のあるフロアに上がり店内へと入ると出迎えてくれたのは確かに熟した女性だったのだが、実際に施術を担当するのはどうやらもう1人店内に居たわりかし若めの女性のようであった。彼女の服装を見てもとてもじゃないがスッキリ等有りそうに思えなかった。

いうもならばどんなに健全臭がしているお店でもオイルを頼む私だったのだが、そんな彼女の雰囲気とお店自体の雰囲気、さらには良く考えたらこの後も予定があるので髪の毛にオイルがついてたらまずいな等の色んな要因を加味して古式を選択した。良く考えたらタイマッサージの店で古式を頼むのは下手すると数年ぶりかもしれない。

正直この先は特に書く事も無い、普通に指圧とストレッチの良くある奴を受けて気持ちよく店を後にした。小岩辺りのタイマッサージ屋と比べると多少割高だが、それでも一般的にはリーズナブルな値段と言えるだろう。感じの良いお店だったのでいずれまた来るかもしれない。ただし休日にわざわざこちらのお店に行く事はまず無いだろうから次回行くとしても古式を再び選んでしまうだろうとは思うのだが。

 

この日、私にはそれよりも印象的な出来事が起こった。

 

タイマッサージでリフレッシュした私は再び職務へと戻り2件目の訪問先へと向かい、無難に仕事を終えた。

速やかに直帰する予定だったのだが、この後食事でもと先方に誘われ、食事と言う名の飲み会へと行くハメになってしまった。それだけならまだ良かったのだが断りきれずキャバクラへと連れて行かれてしまった。

以前も書いたが私はその手のお店が苦手なのである。

私には大変若い子がついたのだが、席について一言二言交わすとすぐに「ドリンク頼んで良い?」と聞いてきた。キャバに慣れて居る方からすればケチ臭い奴だと思われるだろうが、私はキャバにおける女性のドリンクはファーストトークで打ち解けた所でチップ代わりに頼んであげる物だと思う、勿論これはあくまで私がそう考えているだけであって実際にはそれはみみっちい行為なのかもしれないしこの手の店での遊び方とは違うのかもしれない。

この時私は内心では「もう少し会話してからにしてくれ」と少し憤慨していたのだが、こんな子は別に珍しく無い。私はそういう場合あくまでにこやかにこう言う事にしている。

「じゃあ僕を笑わせられたら良いよ」

そう言うと大体の嬢は最近あった何かしらを話はじめる、私もいじわるでそう言ってる訳では無いので年末のガキ使の特番のように別に笑うのを我慢したりはしない、面白ければ素直に笑う。本音を言えば女の子のドリンク代なんて払いたくも無いが、私には強く断るような度胸は持ち合わせて居ないのである。

しかし彼女達の話でクスリとでも笑えれば私としても気分良くドリンクを頼んであげられる、さらには面白かったと素直に賞賛してささやかではあるが報酬を与える事で彼女達にも少しの達成感が生まれ、機嫌が良くなる場合が多い。

そうすればキャバが苦手な私でもそれなりに楽しくその後過ごせるからやっているだけなのだ。

しかしこの時の彼女は私がそう言うと「そんな事言うお客さん初めて、いきなりそんな事言われても面白い話とか無いし」等と私としても初めてなパターンで返答してきた。

これが可愛らしい言い方だったら別に良いのだが、彼女は作り笑いこそ浮かべていたが語気にはドリンクを頼んで拒否した(私としては拒否はしたつもりは無いのだが)客に対する嘲りのような物が含まれていたのを感じた。

その後は余り詳しく書くのもアレなので割愛するが、お互いチクチクと言ったレベルではあるがバトルトークとなり、同行者とは全く違う空気が私と彼女の周りには漂っていた。

エステでこういう空気になった場合途中退室出来るが、如何せんこのように半分仕事のような状況では途中退室どころか、彼女を激しく罵倒する事も出来ない(出来る状況だったとしてもそんな事をする度胸は当然私には無いが)さらにはあまりにも露骨に楽しく無いと言う空気を出すのも同行者にとっては迷惑だろうから表面上は普通に会話しているように装わなければならない訳で、その後はセット終了まで苦痛の時間だった。

もしも同行者の楽しい空気を壊してしまうのも厭わず、彼女に対して脳内に浮かんだ文句をそのまま彼女にぶつけられたなら・・・それはそれで言葉責めプレイと言う名の楽しい時間を過ごせたのかもしれない。

そんな事を今妄想してやってみたい気分になってしまったのだが、当然実行する勇気等私には皆無である。

そしてそんな実際には出来無いような事を妄想してニヤついてしまうような私は本当に根暗なのだと自覚し、只今若干落ち込んでいる。

 

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...
 

田町カテゴリの最新記事