御徒町 癒し屋

御徒町 癒し屋

御徒町 癒し屋
店名:癒し屋
場所:御徒町

去年の今頃だろうか?蒲田に「在籍セラピスト全員がF以上」と言う衝撃的なキャッチコピーにて話題になったお店があった、店名は「癒し屋春」恐らくHPの作りや店名、在籍セラピストから察するにこちらのお店は何かしらの関係があると見てほぼ間違いないだろう。

ただしさすがにそのままのコンセプトではセラピストの集まりも悪かったのだろう、今はそのキャッチコピーは無くなっている。

しかし一応セラピストのカップ表記は全員E以上にはなっているのだが・・・恐らく大幅にサバを読んでいるだろう。風俗店でW61以上の女性を選ぶと高確率で良くてもぽちゃ、悪ければ関取のような女性が出てくるのと同じような物である。

と、言うのも訪問の際に私についた女性はどう贔屓目に見てもHPにて表記されているカップ程ボリュームが無かったからである。

勿論トップとアンダーの差でカップが決まる為、単純に大きければカップがあがる訳では無いのは知っているのだが、間違いなくそういうレベルでの誤差では無かった。

オススメ記事

 

場所は以前紹介したランデブーのすぐ近くにある雑居ビルの3Fである。御徒町駅からは歩くと5分弱と行ったところだろうか?

店内に入ると男性店員に出迎えられた。店内はあまりインテリアに気を使うと言った感じではなく雑然としている。近くのランデブーですらもう少しインテリアや店の雰囲気には気を使っているのだがこちらのお店はそういう部分には余りこだわりは無いようである。

そして部屋自体も横は壁、入り口はカーテンで天井部分は筒抜けの良くあるタイプであった。部屋の中にも嬢の私物が置かれていたりと少々散らかった印象。あくまで個人的な感想なのだが、中国エステと言うよりは店内だけ見たら韓国エステのような雰囲気であった。

料金自体は癒し屋春の頃よりは少し安くなっていると思う、確か春は100分が13000円だった。こちらのお店も20:00を過ぎてしまうとその金額になってしまうのだが、それ以前なら1000円安い。

さらに春はマンション店だった為簡単な立ち洗体だったのだが、こちらのお店にはきちんとアカスリ台も完備の洗体ルームがある。アカスリ台に寝た状態でしっかりと表裏を洗って頂いて部屋へと戻った。

マッサージは前の店名の時の経験から全く期待していなかったのだが、そこそこ良かった。

そして全身スッキリの際の寛容度も私としては十分に満足が行くレベルであった。

ただし再訪するかと聞かれたら、冒頭でも述べたように環境が余り良くないのがネックになる。

コンセプトや在籍セラピストの質が似ているI for youの方が個室部屋があったりと環境面に秀でている為、どちらかと行ったら私は今後もそっちを選んでしまいそうな気がする。

[amazonjs asin=”B000J8HUFQ” locale=”JP” title=”雪の墓標―タコ部屋に潜入した脱走兵の告白 (1979年)”]

 

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (2 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...
 

上野・御徒町カテゴリの最新記事