駄目なアジアンエステ店・地雷店の見分け方

駄目なアジアンエステ店・地雷店の見分け方

都内だけでも数百はくだらないであろう数のエステ店・タイマッサージ店があるが、その中で誰からも「ここは良い店だ」と言われるようなお店は恐らく1割あるかないかと言った程度であろう。アジアンエステ店においてキッチリとした研修をしているようなお店は少なく嬢の裁量にまかせっきりであるお店が多いからである。

そのお店が実際に良いお店であるかどうかは、大体の場合ついた嬢が当たりかハズレかとイコールである。さらに言えばラーメンと同様にその客がエステ店において何を重視しているかでその嬢が当たりだと感じるかハズレだと感じるかも変わってくるだろうから一概には決められない部分はある。

ただし誰が訪れても良店だと言うお店を見つけるのは難しいが、逆に誰が訪れても「あ、このお店ハズレだ」と感じるようなお店は実際に存在する、この記事ではそんなお店の見分け方をある程度にはなってしまうが手引きさせて頂ければと思うのだ。

ちなみに今回の記事の内容は多少下記の記事と被る部分がある、合わせてご覧頂く事をお薦めする。

エステ・マッサージ店におけるタケノコ剥ぎやボッタクリへの防止策&対策
 

その1:24時間営業のお店

24時間営業のお店はだらしない印象がある、当然いつ客が来るかも判らない状況である為にきっちりと清掃に当てる時間帯が無いのだろう。店内が散らかっていたり、ほこりっぽかったりと余り環境が良く無いお店が多いと思うのだ。勿論客が来ない間にきっちりと清掃してるお店もあるので全てが該当するわけでは無いのだが。

環境面は置いておいてもこの手のお店は嬢が生活が余りにも不規則であるため疲れきっていたり、やる気が無かったりとマッサージを受ける私たちの方が元気である場合も往々にしてある。普通のお店ですら場合によっては朝方4~5時まで客の相手をして昼12時から店に立つような環境で休み無しで働いている嬢も居る位なのだから、24時間営業の場合はそれよりもさらにキツい環境だろう。きっちりとした施術を受けたいのであれば選ぶべきでは無いと思い私は避けている。
 

その2:散らかっているお店

上でも少し触れたのだが、基本的に散らかっているようなお店は良店が少ないと私は思う。特に重要なのが入り口周りと待合室である。この2箇所は客が入ってきてまず目にする場所なのだが、そこが散らかっているようなお店の場合、客商売をしていると言う意識が希薄である場合が多い。

追加の有り無しに関わらず終着駅までのサービスがあるようなお店でも散らかっていたりはするのだが、やはりそういうお店も冷静に考えたら客に対する扱いが余り良く無いお店の方が多いのではないか?例えば60分コースで入ったとしても30分少々で一連の流れを終えたら店を出るよう促されるなんて事も珍しく無いのだから。
  

その3:嬢が路上に立って呼び込みをしているお店

夜の繁華街を歩いていて「マサージイカガ?サンゼンエン」等と声を掛けられた経験のある方は数多くいるであろう。こちらは関連記事のボッタクリとも内容が被ってしまうのだが、良店はほぼ無く、基本的にはタケノコ剥ぎのボッタクリ店だと考えるべきだろう。どんなに酔っ払って居たとしても嫌な思いをしたくなければマッサージに限らず客引きは全て無視するのが一番である。
 

その4:周りに競合店が一切無い地域にあるお店

私はたまにそういう地域のお店に行く事もある為に一概には言えない部分もあるのだが、そういう地域のお店の場合一般的にはとても熟した女性が出てくる場合が多い為に普通の感覚をお持ちの方であれば避けるのが無難であろう。

競合店が多い地域と違い、そういうローカルなお店では適当にやってても多少の客入りは見込めるのだ。リピーターを躍起になって確保せずともそういうローカルな地域では店舗事態の家賃が安く、それなりに客が来ればやっていけてしまうのもありママも嬢も余りやる気が無い場合が多いのだ。当然そういう店では大して稼げない為若くて稼ぎたい嬢は珍しく店に入ったとしてもすぐ辞めてしまい、結局は熟した方のみが店に残るような感じになってしまう。

そういう店の場合、神田や蒲田だったらセットでスッキリが含まれているような値段設定にも関わらず、手だけで追加をせびってくるような場合もある。そうなっても強気で価格交渉が出来る位に慣れて居るタイプの人間で無い限りは競合店があるエリアのお店に行かれのをお薦めする。

オススメ記事

 

エステ店のHPの見方

私も恐らくは皆様と同様、エステ店を探す際にはHPを見る事が多い。
その際に見ているポイントが幾つかあるのでついでにご紹介させて頂きたいと思う。

・お店の場所

HPには「お店の場所は電話にてお聞き下さい」と書いてあるお店も結構ある、そういうお店の場合は次に店内風景を見るようにしている。店内写真があった場合にはマンションっぽい間取りかどうかを確認している。マンション店であればこちらのお店は恐らく完全個室であろうと言う情報が得られるのだ。落ち着いて施術を受けたい時には完全個室のお店の方が有りがたいのでそういう時の指標にしているのである。

もっとも、嬢の写真どころか店内風景すら全く当てにならないようなお店もたまにあるのだが、さすがに店内風景まで嘘のお店はそう多くは無い。

・嬢の写真

基本私は嬢の写真を余り当てにしていないので写真で選んで指名するなんて事はほぼ皆無なのだが、嬢の写真が本人を撮影したかどうかだけは一応確認している。同じような背景とポーズで撮影しているようなお店であればまあ本人だろうと断定するのだが、逆に全く統一感が無い画質やポーズで、さらには顔がはっきりと映っているような写真が多いようなお店の場合はどこかから拾ってきた写真を載せているだけで実際にはその子が居ない場合もあるので注意が必要なのだ。

そういう拾ってきた美人の写真を使うようなお店の場合、自分の店に在籍している女性のレベルに自信が無いからそのような手段を用いる訳で、逆に熟した女性の在籍率が高いような気がする。

 

・料金設定

料金設定はお店のサービス内容を推し量る上で大きな手がかりとなる。

例えば40分8000円なんてコース設定があるお店の場合は終着駅までのサービスがあるようなお店だと私は予想している(プラス嬢の写真がどこから拾ってきたような美人の画像ばかりで、やけにHPがチカチカ光るような雰囲気だったら信頼度はさらに上がる)

ハンドでのスッキリがあるようなお店の場合だと60分で7~9000円、90分で一万円~13000円辺りがアジアンエステだと標準的だろうか?ただこの料金設定でも「ジブンデ」とか完全にそこにはノータッチなお店もあるので注意は必要である。蒲田や御徒町辺りでそんな金額設定のお店であれば高確率でハンドはあるだろうとは思うのだが、池袋辺りだとその価格帯でもノータッチなお店は結構あるので地域性も加味して推測するのが良いだろう。

 

個人的なイメージ等が多々含まれるので参考になったかどうかが少々不安ではあるのだが、枯れ木も山のにぎわいであり多少は参考になる部分も含まれているとは思うのでまた何か思いついたら書き加えていくつもりである。