「錦糸町」タグアーカイブ

錦糸町 ベンジャミン (Benjamin)

錦糸町 ベンジャミン

錦糸町にあるタイ古式マッサージ店、ベンジャミンの訪問レポートである。

この日私は久しぶりにポケモンGOに精を出していた、何故なら待望の伝説ポケモンが実装されたからである。恐らくはこれを機にまたはじめたなんて方も多いのでは無いだろうか?

ただし伝説ポケモンは街中に現れる訳では無く、ジムに出現しそれをレイドバトルと言う方式でプレイヤー達が協力して倒し、そこで初めてGETするチャンスが与えられるのだ。

さすが伝説ポケモンと言うだけあって相当な強さであり、最高で20人が一度に戦えるのだが最低でもそれなりにレベルと手持ちが揃ったプレイヤーが10人前後は居ないと倒す事すらままならない。

一度私は近所のジムにルギアが出現したので息を切らして向かったのだが、普通の住宅街にぽつんとあるようなジムには誰も集まっていなかった。しばらくまってみるもまだポケモンGOを初めたてであろう自転車の少年が1人やってきただけだった。

彼はまだ伝説ポケモンがとても1人で倒せるような強さだと知らなかったのだろうか、それとも倒せないと判ってはいたが一度挑んでみたかったのか、誰かこないかと次の参加者を待ちわびる私の横で必死に一人でボタンを連打し案の定倒す事は出来ずそのまますぐに自転車で去っていった。

現状レイドバトルはチケットを消費しないと参加者が何人いるのかは判らない為、周りに集まっている人数からある程度判断しなければならないのが結構リスキーである。
続きを読む 錦糸町 ベンジャミン (Benjamin)

錦糸町 タイマッサージローズ

錦糸町 ローズ

錦糸町のタイ古式マッサージ店、ローズの訪問レポートである。

この日も私は例によって本来ならばベンジャミンへと訪問予定だったのだが、扉の前にはClosedの札があった。

どうやら私は本格的にこのお店とは縁がないらしい、そもそも前回もそうだったのだから事前に電話をしてから行けば良いのだが、なんとなく事前予約をして行くのが私の性分に合わないのだ。

仕方がないのでどこか他の店に行こうと思案した結果、ふとすぐ近くに以前行こうとしたが価格がHPと違うと言う理由で訪問をやめたローズがある事を思いだし今回はそちらへと行く事にしたのだ。

 

続きを読む 錦糸町 タイマッサージローズ

錦糸町 ポンニャ(Ponya)

%e9%8c%a6%e7%b3%b8%e7%94%ba%e3%80%80%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a3

錦糸町にあるフィリピンマッサージ店、ポンニャ(Ponya)の訪問レポートである。

錦糸町と言えば先日放送されたNHKのドキュメント番組にてポケモンGOが特集され錦糸公園がロケ地として登場した。確かにここはポケモンをするのに良いロケーションだ、駅からも近く公園自体も小規模で歩き回るのにも好都合なのだ。

さらには公園以外にも駅前にポケストップが6箇所くらい密集してる場所があり、そちらでルアーモジュールが炊かれていればそちらの方がレベルアップには効率が良いかもしれない。

それにしても錦糸町と言えば多国籍な方々が集うお世辞にも治安が良いとは言えない街だった筈なのだがポケモンGOの影響で良くも悪くも街の雰囲気が少し変わった気がする、もっともそれは錦糸公園がある北口エリアに限った話で南口エリアに関しては相変わらずなのだが。
 

続きを読む 錦糸町 ポンニャ(Ponya)

錦糸町 ファーサイ

錦糸町 ファーサイ

錦糸町にあるタイ古式マッサージ店、ファーサイの訪問レポートである。

世間ではポケモンGOが日本での配信開始以来、良くも悪くも色々とニュースになっている。流行り物には余り興味が無い私だったがゲームボーイ版のポケットモンスターは学生時代にそこそこやっていたのもあって懐かしくなり思わず手を出してしまった。

マスコミでは歩きスマホの危険性や、ポケモンGoに夢中になっての事故やトラブル等を指摘する声もあり色々とネガティブなイメージがあるとは思うのだが、周囲にきっちりと気を配りさえすれば私は物凄く画期的で素晴らしいゲームだと実際にプレイしてみて感じた。

と、言うのも世間一般のソーシャルゲームと違いガチャなんて物は無いし課金せずとも普通に楽しく遊べる、さらには課金アイテムもレベルアップやジムの防衛に成功する事で手に入れる事が可能、一番肝心なのはとにかく街に出て自らの足を動かすことなのだ。

最近運動不足だと感じていた私は何か運動をするきっかけが欲しかった、そんな私にポケモンGOは見事にマッチング、お陰で22日のポケモンGo導入からはや数日で私は既に34.8キロをも歩いている(ゲーム内計測)ゲームを楽しみながら運動不足も解消出来るとは有り難い限りだ、私は先日のソシャゲの件もそうなのだが一度ゲームにハマってしまうと熱中してしまうタイプなのでよっぽどじゃなければゲームには手を出さないようにしている。

最初は私のような中年男性が往来でスマホ片手にゲームに興じるのはいささか恥ずかしい部分もあったのだが、ふたを開けてみれば老若男女がそこらじゅうでやっているのもあり思った程気恥ずかしさは無い、そもそも私が高校生だった頃、近所の書店でエロ本を購入した際店主らしきおじさんに「君、カワイイ顔してこんなのを読むんだねえ」とニヤニヤしながら言われたり、店主の奥様らしきおばさんに「こういう本は子供には売れません」と断られたりした経験に比べればこの程度の恥ずかしさ等些細な事だ。

私と同様に運動不足を感じている皆様には是非ともやってみて頂きたいゲームである、勿論歩きスマホは自分自身の身の危険及び他人への迷惑も考えて絶対にしてはいけない。ポケモンGoは別に画面等見なくても近くにポケモンが居ればバイブが振動して教えてくれるのでそれを感じたらきちんと立ち止まり、邪魔にならない場所まで退避してからスマホを開くのがスマートな遊び方である。

続きを読む 錦糸町 ファーサイ

錦糸町 たいじゃれん(Thaijaren)

錦糸町 たいじゃれん(Thaijaren)
錦糸町にあるタイマッサージ店、たいじゃれんの訪問レポートである。

この日私は最初からこのお店に行くつもりで錦糸町に来ていた、ただお店に直行してそのまますぐに錦糸町を後にするのはなんだか味気ないような気がして散歩がてら錦糸町界隈を歩く事にした。

どうせならばたいじゃれんがある北口エリアでは無く、南口エリアを散策してみようと思ったのだ。北口エリアのお店はある程度知っているのだが、南口エリアはまだまだ知らないお店があるような気がしてならない。

街ブラ番組が人気になるのも頷ける、そんな風にこうして街を歩く度に思う。一見知り尽くしているような街でも普段通らないような道を通るだけで新たな発見があるのだから。

すると珍しいマッサージ店の看板を発見した、Ponya(ポンニャ)と言うフィリピンマッサージのお店である。フィリピンとは珍しい、以前タイマッサージ店でフィリピンの方に当たった事があるが、純粋にフィリピンマッサージと言うのは受けた事が無い。それを見た瞬間私はPonyaの入っている建物の階段を上がっていた。

階段を上がって正面にすぐ店舗の扉はあった、しかしチャイムすら無い。とりあえず扉をノックしてみるが反応が無い。ドアノブを捻って開けようとしてみるが鍵が掛かっている。仕方が無いのでとりあえずたいじゃれんに行き、色んな意味で余裕があればまたここに戻ってこようと決め私はたいじゃれんに向かって歩き出した。

 

続きを読む 錦糸町 たいじゃれん(Thaijaren)