「竹ノ塚」タグアーカイブ

竹ノ塚 Royal・ロイヤル

竹ノ塚 ロイヤル

竹ノ塚にあるリラクゼーションマッサージ店、Royal・ロイヤルに訪問した時のレポートである。

エステ歴が長い方ならばなんとなく共感してくれる方が多いと思うのだが、駄目な店に限って「高級」と言う言葉を使いたがるような気がする、小奇麗なマンションで完全個室のような店が高級リラクゼーションと名乗るのならば納得がいくのだが、高級リラクゼーションと名乗るお店の多くは古めかしい雑居ビルで、天井部分が空いた狭い壁仕切りで営業しているようなお店ばかりだ。

その手の高級リラクゼーションを名乗りたがる店は内容もイマイチである場合が多く、前述の言葉の通りに中身の無さを必死にHPの宣伝でなんとかして一見客を集めようとしているように感じる。

勿論、高級とついているからと言って全てのお店が駄目だと言うわけでは無いのだが、風俗店でW表記が60を超える嬢と同様に一般的な感覚でのハズレを引く可能性が高まるのは私の経験上ではあるが確かである。

上記のくだりは今回訪問したお店の事を指している訳では無い、ただ単に店名がロイヤルだったのにも関わらず余りロイヤル感が無かったのをふと思い出して書きたくなっただけなのだ。

お店は駅から少し歩いた雑居ビル、同じビルにはおかえりと言うエステ店も入っていた。それよりも近くにラーメン大があったのに目を惹かれた。蒲田のラーメン大には昔行った事がある、蒲田のラーメン大はラーメン二郎蒲田店だった頃よりも美味しくなっている気がする。

エステ後はラーメン大に行こう、そう私は心に決めて店へと入っていった。

続きを読む 竹ノ塚 Royal・ロイヤル

竹ノ塚 ダウルアン(Dawruang)

竹ノ塚 ダウルアン
竹ノ塚にあるタイマッサージ店、ダウルアン(Dawruang)に訪問した時のレポートである。

竹ノ塚はそんなに大きな駅では無いながらもエステ店はそれなりの数がある、エステ店、それも怪しげな店が多い地域にはある種の共通した雰囲気があるような気がする。総じて言えるのは決してお上品な街では無く、さらに言えば治安も余り宜しく無い場合が多いので夜中にうろつく場合にはなるべく大通りを歩く等して予期せぬトラブルに巻き込まれぬようご注意頂きたい。実際竹ノ塚辺りは地元民では無いのでなんとなくでしか判らないがちょっと夜に歩いているだけでも治安は余り良く無いのが感じ取れる位であった。

こちらのお店は竹ノ塚駅から線路沿いにあるいてすぐ、怪しげな韓国系のマッサージ店が数店舗密集している地域の中にあり、同じビルにも韓国系のマッサージ店が入っている。HPの無い韓国系マッサージ店も気にはなるのだが、逆になんとなく結末が想像出来てしまうのでイマイチそそらない。

HPから期待していた通りに熟した方が出迎えてくれた、チラっと他の嬢も見えたのだが案の定結構な熟女であった。そういう目的であれば大半の方はガッカリするんじゃないだろうか?ただ、私にとってタイマッサージと言うのは熟女による熟練の技を味わいに行くような場所だと認識しているのでむしろ彼女のような方は望ましい位である。

店内は良くある地方のタイマッサージ屋と言う感じで、散らかっているわけでは無いのだが綺麗とも言いがたい。以前記事にしたセッティーと空気感は似ているような気がする。

 

続きを読む 竹ノ塚 ダウルアン(Dawruang)

竹ノ塚 セッティー(Setthi)

竹ノ塚 セッティー(Setthi)
店名:セッティー(Setthi)
場所:竹ノ塚

先日の記事ハッピータイランドに訪れてからわずか数日後、私は隣の駅である竹ノ塚へと降り立った。この地区はまだ余り情報が無いタイマッサージ店や中国エステ、韓国エステを多数発見した為とてもこの地区に興味が沸いたからである。

この地区では1店舗目でハズレを引いたとしてもりんごやラブハウス等の確実にスッキリ以上があるお店の情報も手に入れた為にリカバリーが楽だろうとも考えていた。ラブハウスに至っては早い時間であれば6000円で特殊なスッキリが味わえると言う恐らくは都内でも1、2を争う位に安価なお店らしい。その値段から考えると嬢のレベルはお察しの通りなのだろうが、私のようにそこまで外見にこだわらないタイプであれば問題ない。

そもそも私は目がとても悪いのでメガネを外してしまえばどんな嬢でもそれなりの外見に見える・・・これはこの手のお店に行く時にはとてもプラス要素である。

竹ノ塚には駅前にエステ店やタイマッサージ店は密集しているのだが、こちらのお店だけやけに離れた場所にて営業していた。HPもやけにセクシーな雰囲気を漂わせて居る所から、場所が悪いのをサービスで補っているようなお店なのでは無いか?と私は推測したのだ。

結果的に健全なお店でも別に構わないのだが、期待はして行った方が気分は高揚するので私はどんなお店に行くにしても常にそういう期待だけは捨てないでいる。

続きを読む 竹ノ塚 セッティー(Setthi)