神田 ラン(Ran)

神田 ラン(Ran)

神田 ラン

神田のタイ古式マッサージ店ラン(Ran)の訪問レポートである。

冬の寒さも少しずつ柔らぎ春の足音が聞こえて来る今日この頃
寒さの苦手な私にはとても有り難いのだが、
同時にやってくるニクいあんちくしょうに近年頭を悩ませている。

察しがついている方も多いかと思うのだが、

花粉症である。

元々アレルギー性鼻炎持ちだったのだが、
近年ではそれに咥えて本格的に花粉症の症状も出るようになった。

くしゃみ鼻水だけでなく、
喉や目までが痒くなりマスク無しではおちおち外出すら出来やしないのだ。

アニメあしたのジョーのOPで
「ニクいあんちくしょうの鼻めがけ叩け」
等と歌われていたが私の場合は真逆である。

今年もニクいあんちくしょうに鼻めがけ叩かれ日常生活に多大な影響をきたしてしまった。

 

オススメ記事

 

さて、前置きはこれくらいにして訪問レポートに移らせて頂こうと思う。

等と言いつついきなり別の話になってしまい申し訳ないのだが

私にとって神田のタイマッサージ店と言えばチャンタイがどうしても真っ先に思い浮かぶ。
以前のレポートにもある通りにそれ以外の店にも足を運んでは見る物の
チャンタイと比べると通うほどの魅力を感じられなかったと言うのが正直な感想だ。

ただしそんな事を書くとチャンタイが物凄く優良店かのような誤解を皆様に与えてしまうので、
チャンタイは決して優良店では無いと言う事だけはきちんとお伝えしておこうと思う。

チャンタイには若い子は少な・・・いや、多分殆ど居ないだろう。

ついでに言えばマッサージが飛びぬけて上手い子も多分殆ど居ないと思う。

単に熟耐性が強く、ビジュアルやマッサージの技術よりエロさと寛容度を重視したい気分の時に
チャンタイが私にとって丁度良いと言うだけなのだ。

チャンタイの嬢はみんなそれなりに寛容だが、
私はチャンタイで終着駅まで辿りついた経験は無かったりする。

と、チャンタイの事ばかり書いててもしょうがないので表題のお店の話に戻させて頂こう。
この日私はあくまでチャンタイに行くつもりで神田の駅に降り立った。

しかし降りた私の脳内に「本当にそれで良いの?」と誰かが語りかけてきた。
本田圭佑が以前「頭の中のリトルホンダと会話している」なんて事を言っていたと思うのだが
多分この時の私も似た様な状態だったのかもしれない。

その言葉にハッとした私はすぐにスマホを取り出し、
神田のタイマッサージ店を検索してみるのだった。

で、導き出されてた結果がこちらのランである。

もっとも神田のタイマッサージ店で未訪問かつスッキリが期待出来そうなの
がこちらの店位しか無かったと言うのが正直な所なのだが。

お店の場所は西口商店街に入ってすぐあるビルの3F、
エレベーター等無く3Fまで階段であがった。

ちなみにこの道をもう少し先まで行くと以前行った健康ライブの神田店がある、
私が訪問した時は健康ライブのHPは胡散臭さと若干の電波臭がするサイケな雰囲気だったのだが
現在では至って普通かつホットペッパーに掲載するようなお店になってしまったのがちょっと残念である。

さて、こちらのランのHPにはチャンタイではまず出てこないような若くて可愛い子
(一部例外は有るが)が取り揃えられているのだが・・・

私が行った時に出迎えてくださった方はチャンタイに居てもおかしくないような風貌と年齢の方だった。

ある意味好物ではあるのだが、今日はいつもの味とは違う物を求めて店を変えていたので
若干がっかりした気分になったのはここだけの話である。

この時点では単に彼女はママ的な立場で受付をしているだけであり、
担当は違う方になると言う期待もしていた。

受付の時点で恐らく店内には彼女しか居ないであろう事を
すぐに察してしまったのもありそんな淡い希望も早々に打ち砕かれてしまったのだ。

うつ伏せからの定番のスタートだが、オイルコースを選んだにも関わらず
長いこと指圧の時間があったのが残念だった。

恐らくだがオイルコースを選んでも、おすすめコース(指圧とオイルとフットのセット)を選んでも
彼女の手順は変わらないような気がする、そしてそんな嬢は珍しくも無い。

もっとも手抜きをしている訳では無く、
彼女はきっときちんとマッサージの勉強をした事は無いのだろうが
それでもママさん辺りから教わった手順をしっかりとやろうとしているのは見てとれるので
極上の技術で無くとも不快感は感じなかった。

以前Youtubeのマッサージ手順の動画をスマホで見ながらマッサージする嬢に当たった経験がある私には、
こんな手順の嬢に当たるのは昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない平穏なものなのだ。

さて、そんなうつ伏せが終わり仰向けへと切り替わる。
仰向けになると彼女は足の間に陣取り私の大事な部分へとタオルをかけた。

そしてあの足の付け根を押して血流を止める奴をやった後に、
そのままタオルを取り両側から周辺を攻めはじめた。

直接はこないが指先はたまに確信的な部分に触れるような施術、
熟練の嬢の
「マッサージ念入りにやってるから当たっちゃっただけ」
とは違い明らかに
「確信部分には触れないけど反応させる為にやっている」
のが彼女の手つきから感じ取ってしまったのである。

反応したら恐らくはチケット購入の打診をしてくるのだろう、
3枚チケットを支払ったらチャンタイのコミコミオイルコース100分と同じ金額か・・・
そんな事が脳裏に過ぎった私はその後彼女がしばらく周辺を執拗にマッサージしても一切反応しなくなってしまった。

何もしていないのに真っ白な灰になってしまった股下のジョーにしびれを切らしたのか、
彼女はうちのタマを持ち上げ、2つの肉球を両手でぐりぐりと揉みはじめた。

そんな彼女の必殺技にたまらず棒立ちになるジョー、
なるほどこれが倒れる事すら許さないといわれているチョメチョメと言う奴か。

そして棒立ちのジョーを見て彼女から案の定追加チケットの打診、
そこまで気乗りはしない物の支払いをする私。

その後上はOKだが下は断固としてNO!な、
神田チャイエス界隈では標準的な寛容度とスタンダードな上下運動にて終了。

そういえば神田のチャイエスにはもう数年行って無いな

そんな事を彼女の施術を受けていたら思い出したのであった、
そもそもチャイエス自体にしばらく行っていないような気がする。

久しぶりにその手のチャイエスに行ってみるのも悪く無いなと思いつつ店を後にした。

今回の訪問でも私の

「神田のタイマッサージ店と言えばチャンタイ」

と言ったイメージが変わる事は残念(?)ながら無かった。

 

 

PS:HPも無いようなタイマッサージ店を探したい&情報交換の場を作りたいと思い
タイマッサージ店の口コミサイトを作ってみました。

タイマッサージ口コミ投稿

店舗ごとにレビュー機能を設けているのでお気軽にお店の口コミ等を書いて頂ければと思います。

また、HPも無いようなローカルなタイマッサージ店の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら
お店情報&口コミ投稿大募集中!のメールフォームより教えて頂ければ大変有り難いです。

怪しそうな雰囲気を感じる店であればあるほど、すぐさま私が人柱になりますので
特に魑魅魍魎の空気が感じられるタイマッサージ店の情報をお待ちしております。
どうぞよしなにお願いいたします。

 

今回訪問したお店のデータ
店名:神田 ラン(Ran)
住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田3-7-4 香文堂ビル3F
TEL:03-3253-7666
営業時間:12時~翌2:00
HP:http://ranthai.jp/index.html

Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...

神田カテゴリの最新記事

Top