「蒲田」カテゴリーアーカイブ

蒲田 月下の天使

%e8%92%b2%e7%94%b0%e3%80%80%e6%9c%88%e4%b8%8b%e3%81%ae%e5%a4%a9%e4%bd%bf

蒲田にある高級リラクゼーションメンズエステ、月下の天使の訪問レポートである。

たまにはスタンダードなマンション店に行きたくなったので訪問して見る事にした、この手のマンション店は蒲田が私の知る限りでは一番サービスが安定している印象がある。

女の子の寛容度等で言えば蒲田では癒しの馨もしくは系列のエモーションに行った方が良いのかもしれないが、この2店舗は合わせて数十回訪問している為になんとなく食傷気味、そして何より個室じゃないのが個人的には難点である。

老舗の人気店と言う事もあり常連さんも多く、そんな常連さんの隣に通されてしまった場合、嬢と仲良く話しながら施術を受けている常連さんに気を使い私は無言で嬢と会話もせずに時間を過ごす事になってしまうからだ。

私は元々そこまで嬢と良くしゃべるタイプでは無いのだが、それにしてもある程度コミュニケーションを取っておいた方が後半のサービスが良くなる場合は多いだろうと考えある程度は話かけるようにしている。

嬢の立場になってみれば、殆ど会話もしておらず素性の不明な男性が手を伸ばしてくるのと、ある程度会話をして打ち解けた男性が手を伸ばしてくるのでは応対が違うのも当然だろう。
続きを読む 蒲田 月下の天使

蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田にあるタイ古式マッサージ店、モンサヤーム(Monsiam)の訪問レポートである。

実は先日の船橋遠征以降、今日に至るまでエステにもタイマッサージにも行っていない。と言うのもなんとなく先日の遠征(実際には遠征と言う程の距離では無いのだが)で達成感に似たような感覚を味わった為にエステに行く気が起こらなかったのである。

ただし、真面目に家と会社を往復する毎日を送っていたのかと言えばそうでは無い。詳しく説明すると先日の船橋訪問で歳はそこそこ行っている物の大変に寛容な方と殆どマッサージも受けずに一時を過ごしたのもあり、要するにマッサージ店よりも直接的なお店に行きたいと言う欲求が出たのである。

料金もそこそこリーズナブルな熟女&痴女デリを発見した為に先週はそちらに行ってきた、安いお店だけあってそこそこにくたびれた方が出てきたのだがラブホテルに入るなりきっちりとキャラを作ってくれたのでプレイに没頭出来て楽しい時間が過ごせた。

私はどちらかと言うとSだと思うのだが、風俗に関してはMとまではいかないが女性主導なお店に行く事の方が多い。何故ならば楽だからである。Sはサービス、Mはマンゾクの略だと誰かが言っていたのだが、その言葉は概ね正しいのだ。

私は四つんばいにさせられアナルと竿を同時に責められながら、淫らな言葉を投げかけてくる嬢に対し敬語で返答をすると言う状況に大層興奮をしていた。

熟女デリとは言っても私が普段タイマッサージ店で施術をして貰うような本物の熟女程に年季は入っていない、むしろ私より年下であろう。さらにはどちらかと言うと彼女の風貌や雰囲気から察するにプライベートでは男性を立ててそうなタイプで、そんな彼女が一生懸命痴女でSッ気の強い女性を演じている所がとてもそそったのである。

仕事中の彼女も意味は違うがきっちり男を勃てるタイプだった。

「すみませんもうイきそうです、宜しいでしょうか?」

「いいえいけませんもう少し我慢しなさい」

「では手を少し緩めてください」

「駄目ですこの位我慢しなさい」

「無理です!出ちゃう出ちゃいまっ・・・あっ!!」

「駄目だと行ったでしょお仕置きが必要ですね」

「出したのでその手をとめてくだ…無理です無理です!!」

と、そんな感じで素股もフェラも基本サービスに含まれるお店だったのだが、エステと同じく結局最後は手コキでイカされてしまった。エステで完全受身になっていると少々つまらなく感じてしまうのにこういうお店だと大変興奮するのだからシチュエーションと言うのは大事なのだ。

ただし私はドMでは無いので本格的なSMの女王様に調教された場合、恐らく途中で「いやもう良いわ」と冷めて中止を申し出るのが容易に想像出来るので今の所そちらに足を踏み入れる気は皆無である。

あくまで痴女プレイが好きなのであってそちらは私の興味の対象では無いのだ。

続きを読む 蒲田 モンサヤーム(Monsiam)

蒲田 さくら

蒲田 さくら
蒲田にあるタイマッサージ店、さくらの訪問レポートである。

こちらのお店、さくらは10年位前から名前だけは知っていた。名前を知っているだけで無く、店の前も何度となく通りかかっているにも関わらず私はずっと訪れる事は無かったし訪れる気も無かったのである。

それは何故かと言えば「健全である」と言う情報を知ってしまっていたからである。当時私はタイマッサージは殆ど手を出していない時期であり、メインは中国エステと韓国エステであった。なのでたとえ健全じゃなかったとしても訪れる日は近く無かっただろうとは思う。当時は京急蒲田駅から商店街を抜けた辺りにお店は有ったのだが、数年前に西口の飲み屋街へと移転した。移転先も元々は別のタイマッサージ店が入っていたのだが、そちらにも私は未訪問であった。

蒲田にもタイマッサージ店はそこそこの数あるのだが、殆どが健全店と言う印象がある。中国系マッサージ店のスッキリ率の高さと反比例しているかのようだ。

ただ、これだけ長く営業を続けているのだから何か人気の秘訣等があるんじゃないかと言う思いがいつしか私の心の中に芽生え、そしてそれを実際に確かめてみたいと心の中に少しばかりのモヤモヤが蒲田を訪れる度に沸いていた為、そのモヤモヤを解消しておこうという事で今回の訪問を決めたのである。

 

続きを読む 蒲田 さくら

蒲田 アロマギルド蒲田店

蒲田 アロマギルド蒲田店

蒲田にあるメンズエステ「アロマギルド蒲田店」に訪問した時のレポートである。

前回の甘雨同様にこちらのお店に訪問したのは数年前である、仕事関係の知人がメンズエステ好きで(とは言っても私とは違い撫子エステが好きでチャイエスやタイマッサージは好きじゃないようである)その方にこちらの系列をお薦めされたからである。

その際に「どうせスッキリは出来ないんでしょ?」と聞くと彼は「それが良いんだ。」と言う、むしろ何日も溜めてそそりたったそれを真面目な空間で若いセラピストに見られる羞恥心が良いのだとか。私も逆にタイマッサージや中国エステをお薦めしたのだが彼は「可愛い子出てこないからあまり興味が無い」と言っていた。

同じエステ好きでも私と彼の間には深くて暗い川が流れている。

とは言っても基本的には素直な私は、酔った勢いもあっての事だろうが、その後彼が「スッキリの無い撫子エステ店の楽しみ方」について熱く語るのを聞かされ「判りました、じゃあ今度行って来ます」と言ってしまった。

当然スッキリ出来ないのはほぼ確定している、彼と次会った時に「行ってきました」と報告する為だけの話題作りの為に訪問したのだった。

 

続きを読む 蒲田 アロマギルド蒲田店

蒲田 甘雨(タンビ)

蒲田 甘雨(タンビ)

蒲田にある韓国式リラクゼーション甘雨(タンビ)に訪問した時のレポートである。

私はこちらのお店に行ったのはもうかなり昔である、エステナビ等のエステ系サイトにも載っていないのでとっくに潰れたのだろうと思っていた。しかし先程ふと思い立ってHPを見てみるとまだHPが存在しており、まだ営業をしていそうなので昔の事を思い出しながらこちらの記事を書いてみようと思う。

たしかこちらのお店はすぐ側にある湧水(ゆうすい)の姉妹店だったはずだ、そちらではスッキリも以前は一応存在したようであるが今はどうなのかは判らない、当時も完全にオマケ程度と言う位置づけで基本はアカスリやマッサージがメインのお店と言う評判だった為にわざわざ訪れて確かめようとも思わなかったのである。

蒲田には韓国式のエステ店だけでもそれなりに選択肢が多くある為にこちらの系列のお店には余り魅力が感じられないのだ。

 

続きを読む 蒲田 甘雨(タンビ)