「その他」カテゴリーアーカイブ

蒲田 夢のまた夢

蒲田 夢のまた夢

蒲田にある泡泡洗体リラクゼーション、夢のまた夢の訪問レポートである。

夢のまた夢と言うネーミングがマッサージ店に相応しいかどうかにとても疑問を感じる。私はこの店名を目にした時に既視感のような物を感じた、さてそれは何故だろうと考えてみた所、思いのほか早くにその答えは見つかった。なんの事は無い、桃鉄のカードに同様のネーミングの物があったのだ。

ちなみに桃鉄において夢のまた夢カードと言うのはぶっとびカードの進化系のような効果が有り、ぶっとんだ場所が気に入らなかった場合に一度だけやり直しが出来ると言う効果がある。もしかしたらこのお店も嬢が気に入らなければ一度だけ施術中でもチェンジが出来るなんてサービスがあるんじゃないかと妄想したが、間違ってもそんなサービスは実際には無いだろう。

いや、気の強い人だったらどんなお店でも施術してる嬢が気に入らなければママを呼んで小言の1つも交えつつ「他の子にして」と言うのかもしれないが、混雑している男子トイレで後ろに人の気配がすると小便が全く出なくなってしまうような小心者の私には例え「気に入らなければ遠慮なくチェンジと言ってくださいね」なんて宣言されたとしても恐らく実際にそれを使う事は出来ないのだが。

この日私は特に行きたいお店も無くどうしようかと訪問店を決めあぐねていた。こういう気分の時に私は蒲田に行く事が多い、居酒屋の最初の一杯はとりあえず生と言う方も多いだろうし、お酒が余り好きでは無い私ですら周りがそんな空気になれば合わせて私も生でと合わせる。そんな空気を読んだ対応を蒲田のエステに求めているのかもしれない。

こちらのお店を選んだきっかけはやはり店名だった、ありきたりな店名よりも目を惹く所から考えるとこのミスマッチな店名は集客と言う意味では逆にマッチしている。いや、少なくとも私にはマッチしたと言う方が正確だろうか?マンション店と言う事で店に電話をするのが嫌いな私も仕方なく電話をして店の場所を聞く、幸い日本語がそれなりに出来る方だったので迷わず現地には到着出来た、昔電話応対の子が余りにもカタコト過ぎて駅から直ぐのマンションだったと言うのにしばらくうろうろするハメになった経験がある私には「道案内が判りやすい」これだけでも有り難く感じる。

続きを読む 蒲田 夢のまた夢

日暮里 ダイヤモンド

日暮里 ダイヤモンド

日暮里にあるデリバリーエステダイヤモンドのレポートである、こちらのお店は蒲田にも系列店がある為に蒲田でも良かったのだが、HPで気になった子がこちらのお店に出勤していた為に日暮里店へと伺う事にしたのだ。数年前にダイヤモンド昇天堂と言う名前の同じようなお店があったのだが、多分その流れのお店なのだろう。昇天堂には行った事が無いので本当にそうなのかどうかは私は判らないのだが。

結果だけ先に言うと一応デリバリーエステとは書いてある物の、マッサージは一切無かったのでマッサージ目的で行くようなお店では無い。単純に終点コースですっきりしたい方が行くようなお店であった。嬢によってはマッサージを少ししてくれたりもするのかもしれないが、一昔前に日暮里エリアに良くあったようなそういうお店位のクオリティーだろうからやはりそちらを期待してはいけないのである。

先程も申し上げたように目当ての子が居たからこそ日暮里店に来たのだが、私は前もって予約をしておくのはこの手のお店に限らず余り好きでは無い、電話をするにしても「今から入れますか?」位の物である。私としては気が向いた時にフラッと行きたいのだ。エステにハマる前は風俗にハマっていたのだが、その頃からそんな行動をしていた為に売れ残りの地雷と呼ばれるようなタイプの方に当たる事もしばしばであった。

「この子は凄くお薦めですよ」と平気な顔で地雷を薦めて来るような男性店員にはなんど騙された事だろうか?フリーでそのような嬢にあたったのなら自己責任と諦めも付くのだが、店員を信じてわざわざ指名料まで払ってその手の嬢に当たってしまうと帰り際に店員の顔をグーで殴りたい衝動に駆られてしまうのだ。ただし本当にそんな事をやってしまった場合、恐い方々が出てくる可能性が高いので実際にそんな事をした事は無いしこれからもする事は無い。

日暮里駅前から電話をして今空いている嬢を聞いてみる、するとHPで目をつけていた子が空いているとのことで早速お願いをする。さらには気を利かせてレンタルルームも予約してくれていた。なんて気が利く店員なのだろうと嬉しく思ったりもしたのだが、実際にはレンタルルームと提携していてそのように案内するようなシステムになっているのだろうと後で気が付いた。もっともそれは別にどうでも良い事で、私の手間を省いてくれたのだから本意はどうあれ素直に感謝すべきなのだ。

続きを読む 日暮里 ダイヤモンド

御徒町 泡洗体エステ 苺(いちご)

御徒町 泡洗体エステ 苺(いちご)
御徒町 泡洗体エステ 苺(いちご)を訪問した時のレポートである。

場所は御徒町駅から少し歩いた雑居ビルの2F、こちらのビルには以前記事にした癒し屋ヴィーナスが入っている。

店舗のフロアへと上がりドアを開けてみると癒し屋よりは綺麗な雰囲気がした、とは言ってもマシと言ったレベルで決して清掃が行き届いていると言う感じでは無かったのだが。

待合室へと通されメニューを見せられる、スタンダードに90分コースを選択した。私はどの店でも90分コースを選ぶ事が多い、60分だと短すぎるし120分だと飽きてしまうからである。そして大体の店では120分コースを選んでもうつ伏せの時間が長くなるだけで仰向けでの楽しい時間が増えるようなケースは少ない。

もっとも蒲田の某エステ店では120分コースを頼むと楽しい時間が2回に増えたりもするので、そういうお店だったら120分コースを選んでみても良いのかもしれない。

逆に訪問した時点で何か危険そうな雰囲気を感じたら60分コースを選択するようにしている、何を以って危険と感じるかは感覚的な物もあるので旨く文章で伝えられないのだが、個人的には入ってすぐに通されるような受付スペースが散らかっていたらほぼ確実に60分コースを選ぶ。

と言うのも受付スペースと言うのはどの客も必ず最初にそこへ通される訳で、例えるならば好きな相手との最初のデートに着て来る洋服のような物である。普通だったら精一杯のオシャレに努めて相手に好印象を持って貰おうと考える方が殆どでは無いだろうか?初デートに上下ジャージでやってくるような人間は男性であろうと女性であろうと余り居ないだろう。

そんな客にお店の印象を最初に与えるようなスペースが散らかっていると言う事は、やる気の無い店だと思われても仕方が無いと私は考える。とは言っても決してチリ一つ無いようなクリーンな状態じゃないといけないなんて事では無い。

単純に「散らかってるな」と思われない程度で問題ないのだが、酷い店だと客を案内するスペースに大体おいてあるようなローテーブルの上が嬢の私物等で散乱しているようなお店がたまにあるのだ。得てしてそういうお店は嬢の入店時の応対に置いても多少の難やクセを感じるような場合が多く、むしろ60分コースすら選ばずにはそのまま踵を返して他の店に飛び込んだ方が良いのでは無いかと思ってしまう。

ただし私は今までどんなに危険なにおいを感じても入店だけで帰宅した事は無い。
(待ち時間の関係で断念した場合は除く)

続きを読む 御徒町 泡洗体エステ 苺(いちご)

町屋 ポーン

町屋 ポーン
町屋にあるタイ古式マッサージ店、ポーンに訪問した時のレポートである。

ポーンとはタイ語で混ざるとか混ぜると言う意味らしい、私は単にポーンと聞いてチェスの兵士の駒もしくはさらに間違った解釈をしてpornと連想してしまった。私の脳内は常にピンク色な部分が殆どを占めているのだから仕方が無いのだ。

前回記事にした青砥も含めここの所私は京成線沿線エリアに興味が沸いている、そんな私が青砥の次に攻めてみた地域がこちらである。とりあえずは未開の地と言う事もあり店の雰囲気によって財布に優しく終了する判断がすぐに付けられるタイマッサージ店をチョイスする事にした。町屋にはもう1つターリンと言うタイマッサージ店があるようだが、こちらはHPが白衣で物凄く真面目そうな雰囲気だったのと駅から少し離れていた為に、駅からすぐのこちらの店舗にまずは行く事にした。

場所は京成線の町屋駅からだと本当に目と鼻の先である、なんとなくだが京急線の沿線と京成線の沿線の駅前の雰囲気はどこか似ているような気がした。

階段を上がり店舗のチャイムを鳴らすと出て来たのはやっぱり熟した女性である。タイマッサージ店ではここの所若い子には遭遇していない。最後に遭遇したのは恐らく御徒町のスマイルタイだろうか?

彼女に迎え入れられて店内に入った瞬間、
私はこちらのお店がどういうお店なのかをほぼ悟ったのであった。

続きを読む 町屋 ポーン

神田 健康ライブ

神田 健康ライブ
店名:健康ライブ 神田店
場所:神田

以前は物凄く胡散臭いHPだったのだが、最近見たら実に綺麗な普通のHPに変わっていた。あのHPでは一般客は引いてしまい集客に効果が無いと気づいたのだろうか?

しかし逆に私のようなちょっと捻くれたタイプの人間はあの胡散臭いHPに強烈に心惹かれてつい訪問してしまった。もっとも私のような少数派にアピールした所で経営的にさほど影響は無いだろうから今回のHPリニューアルは成功なのだろうと思う。

ただしHPを良く見ると分かるのだがまだ作業中なのか、それとも気づいていないのかは不明だがスタッフ紹介の写真が絵合わせのようになっていたり、恐らくはデフォルトで記載されていたであろう説明文がそのままになっていたりする。

そんな適当さがなんともタイらしい感じで私は好きである。

続きを読む 神田 健康ライブ