神田 チェンカム

神田 チェンカム

神田チェンカム

神田にあるタイ古式マッサージ店、チェンカムの訪問レポートである。

私にとって神田のタイマッサージ店と言えばチャンタイなのだがたまには他の店に行ってみようと思い立ったのだ。

そもそも純粋にマッサージ店として見た場合、チャンタイで物凄くマッサージが上手な方に遭遇した覚えが無い為にそちらの技術を求める方には余りお薦め出来ないお店だったりもする。

今回訪問したチェンカムは以前も一度訪問を試みた事はあるのだが、店に入ると結構な待ち時間を告げられ退散した経験がある、事前予約をすべきなのは分かっているのだが、それが私には煩わしく感じてしまう。

気の向くままに店を訪れた結果、例え前回のように満員で入れなかったとしてもそれもまた巡り合せなのだと私は考えているからだ。

オススメ記事

 

美容院でも良く「次回訪問日を今予約して貰えれば10%引きになりますよ」等と次回予約を薦められるのだが私は毎回断っている、仕事関連を除けば1週間先ですら予定が1つも無い事が殆どな私にとっては1ヶ月以上先の事なんて分からないし、
そもそも切りたいと思い立ったらその足で行きたい為、私の性に事前予約等は合わないのである。

そんな訳で今回も事前予約等せずに神田に赴き店へと向かう、こちらのお店もチャンタイ同様に駅前にある。店に行く前にすぐ側のパチ屋でトイレを借りたのだが相変わらずガラガラだった。神田周辺はスロットに関しては不毛地帯だと言うのが10年位前からの私の印象なのだが、そもそも現代では規制に次ぐ規制でパチンコ及びスロット産業自体が斜陽なのだろう、現に私も今は一切パチンコもパチスロもやっていない訳だし。

店内に入ると私がいつも行くようなタイマッサージ店ではまず出てこないような若い女性に出迎えられた、私の行きつけの美容院で先日見かけたインターンの子に似ている子だった。多分そのせいで先ほど美容院の予約がどうたらこうたらと上で書いたのだろう、今この文章を書いた瞬間に気が付いた。

幸い本日はすぐに入れるようなのでお願いする。こちらのお店は早い時間であれば80分コースでも9500円で全てがついてくる訳だからかなりお得だ、しかもこちらの女性は私が良く行くチャンタイと比べれば平均年齢が下手すれば半分・・・はさすがに言いすぎだとしても3分の2位にはなるだろう。

若い子が多い上に安い、一般的な感覚をお持ちの方ならチャンタイとチェンカムどちらを選ぶかは一目瞭然だろう。サービスタイムを過ぎたとしても80分で11000円とチャンタイよりも安いのだから尚更である。

コースを決定し料金を支払った後部屋へと案内される、どうやら受付してくれた子がそのまま担当になるようだ。部屋のタイプは良くある上は開いた半個室タイプ、隣の部屋にはどうやら先客の方がいらっしゃるようなので私はなるべく音をたてぬよう身支度を済ませシャワーへと向かった。

昔とあるタイマッサージ店で隣にいた客が長々とマッサージを受けながら大声で仕事の電話をはじめてしまい物凄く気が滅入った経験から必要以上に隣に気を使ってしまうようになったのだ。あの方はあんな事を方々でやってたらいつかトラブルになるような気がする。

こちらはチャンタイとは違い洗ってくれるサービスは無い、そういう意味でチャンタイの方が値段設定が高いのかもしれないなと考えながらセルフシャワーを終え部屋へと戻る。

うつ伏せからの定番のスタート、大体足のマッサージの時点で大体の彼女の技量が判る・・・なるほど、多分だがきっちりとタイマッサージを学んだ経験は無いのだろうと言った感じの手つきだったが、若い子が出てきた時点でその辺は想定の範囲内であった為さしてガッカリする事は無かった。

際どさに関してはそれなりに責めてくれた、しかしコミでスッキリがあるのを事前に知っていたお陰で大して興奮はしなかった。ただしこれは完全に私の好み・・・いや、性癖の問題なので一切彼女に責任は無い。

マッサージの腕はボチボチでも彼女は若くてそれなりに綺麗である、熟した女性はノーサンキューだと言う方にとってはCPが良いのもあり良いお店に感じるだろう。

仰向けになると即座に彼女は私の足の間に陣取り足の付け根等を少々押した後に核心へと手が伸びた。ただし本丸到達前にいなりをしばらく揉んでくれたりと多少の焦らしは織り交ぜてくれた、こんな感じでいなりを揉まれる度、一度本格的なジャップカサイを受けてみたいと私は思うのだが日本でそれを体験するのは難しい。

いなりをしばらく両手で揉んだのちに片手はいなりを継続しもう片方の手が本丸へと伸びる、その辺りで私も身体を起こし彼女への反撃を試みた。

着衣での上は大丈夫だったが中に手を入れようとすると拒否をされてしまった、それではと下に手を伸ばすと太ももから少し上に行った辺りでそちらも動きを制止されてしまう。なるほど、やはり若い子だけあって寛容度は余り高く無いようだと変に納得してしまう。

仕方が無いので私は身体を起こすのをやめ、また布団に寝転がって目を閉じ彼女の手の感覚に集中、そして脳内では以前行ったタイマッサージ屋で熟した寛容な女性相手に色々とバトルを繰り広げた時の事を思い返し無事スッキリへと到達したのだった。基本的に寛容でない方の場合はそんな感じのスタイルで私はスッキリしている、終わった後多少空しくなるのは言うまでも無い。

その後はストレッチで腰骨をボキボキ言わされる定番の流れで終了、若い子が好きな方には良いお店なのは間違いない。ただ私は多分次に神田に来る時はチャンタイに行くだろうと考えながら帰路についた。

求める物が一般的な方と私は少々ずれているのである。

 

 

Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...

神田カテゴリの最新記事

Top