新橋 にこにこ

新橋 にこにこ

新橋 にこにこ

新橋にあるアロマエステリラクゼーション「にこにこ」に訪問した時のレポートである。

こちらの店舗は駅から少しあるいた雑居ビルの3Fにて営業をしていた、HPだと色々コースがあったり割引があったりと料金が少々不明瞭である。とは言っても実際に店舗に行ってみて確認した上で料金交渉が折り合わなければ帰れば良いだけである。

風俗店よりもエステ店はそこらへんの交渉に融通が利くイメージがある、例えばHPで表記されていた金額よりも高いコースがあったりしてなんとなく「騙されたなあ」と店に行って感じた経験のある方も居るとは思うのだが、そういう場合まずはコースの違いをきちんと説明して貰い、そのうえで1000円位の違いだったらまだしも2000円以上違う場合は1000円位なら交渉次第で割り引いて貰えたりもするので交渉してみると少し得した気分になれるかもしれない。

無理ですと言われたとしても「ごめんねそしたら他の店行くよ」と帰るそぶりを見せれば殆どのお店で割引に応じてくれるのだ。ただし私はあくまでHPでの説明と異なる料金設定があった場合のみ割引交渉するようにしている。

オススメ記事

新橋駅周辺の中国系店舗型エステ店には色んな店に私は行っているのだが、基本的には健全なお店の割合がかなり高いのである(健全と言うと語弊があるかもしれないが)周辺までは攻撃してくるがスッキリは無く、「エンチョーシマスカ?」と聞いて来るようなお店に当たる確率が近くの神田や御徒町辺りに比べると高いイメージがあるのだ。

逆にタイ系のお店は比較的スッキリ率が高いようなイメージがあるが、そもそもスッキリしたいだけであれば新橋にはレンタルルームが数多くあるので出張系のそういうお店に行くのが一番手っ取り早いし確実だろう、また店舗型のヘルス店も数は多く無いながらも何店舗かあるので出張は面倒だと言う方はそちらを利用するのも良いかもしれない。

ただし、以前も記事に記載したのだが新橋エリアにはぼったくりのピンサロもあるのでお店に入る前にはきちんと下調べをした上で入店されるのを強くお薦めする。もっともこれは新橋エリアに限った話では無く、どんなお店でも下調べをすると言うのはボッタクリを防ぐ為には有効な手段なのだ。

これから忘年会等酔っ払って繁華街を歩く機会が増える方も多いだろう、くれぐれもボッタクリ被害には合わぬように注意して頂きたい。「下調べをする&呼び込みは無視する」これだけで被害にあう確率は相当減るのだから。

さて、お店のレポに戻らせて頂く、店舗は極一般的なエステ店と言った感じであった、受付の女性にソファーへと通されメニューを見せられる。とりあえず私はスマホを見せ割引料金で入る事を告げると普通にOKを貰った、当たり前の対応のように思えるが中にはあからさまに嫌な顔をしたり、そちらのコースだとサービスが云々と言ってきたり、それはもうやってないと言うような店が少なからずあるのを考えると有り難く思えてしまうから不思議である。

支払い後部屋へと通され少し待っていると女の子が登場、それなりに若くてスレンダー、ビジュアルだけ見ればありがたい位である。ただし愛想は余り良くなかった。

その時点で「ハズしたかな」と感じてしまったのだが、ただ単に人見知りなだけで打ち解けると愛想がよくなるパターンも数多く経験しているので私は彼女となんとか打ち解けようと試みる事にした。

支度後に洗体ルームへと案内されて体を洗われる、当然アカスリ専門店とは違い単純に体を洗うだけである。しかしここで私のテンションがガタ落ちする出来事があった。なんと一番綺麗にしないといけない部分がほぼノータッチだったのである。

この時点でスッキリが無い確率は8割近くにまで跳ね上がってしまった、とは言っても先日記事にした青砥の縁のようにレアケースもあるので望みが完全に絶たれた訳では無いのだが、あくまであれはレアなケース、スッキリ無しの場合の方が多い。

完全にテンションが落ちたままで部屋へと戻る、さらに酷い事にこの嬢はマッサージも適当であった。しかもマッサージ中にたまにスマホを確認していたりした、怒りっぽい方であればこの時点で嬢に注意するのかもしれない、しかし私は元々マッサージが下手でやる気の無い子に注意しても無駄だろうと思い放っておいた。

先ほどは嬢と打ち解けようと思っていた私だったが、スマホをいじっているのを見た時点で内心は不機嫌になってしまい嬢とコミュニケーションを取ろうとも思わなくなった。無言でひたすら余り上手で無いマッサージを受ける。幸いメールか何かが来ていただけだったのだろう、少ししてスマホはいじらなくなってたので「きっと急な連絡があったのだろう」と自己解決したのでそちらについてはもう問題は無くなっていた。

後半になってもなんとなく教わったままに適当に周辺をフェザータッチで撫でるだけで何一つ面白くない、当然私は無反応。仰向けになっても同様である。私が反応したらもしかしたらソチラに手を伸ばしたのかもしれないが、無反応だったので結局スッキリは無かった&延長の催促も無かった。

そして時間になりシャワーに案内されて着替えて帰宅する、受付の女性に「ドウデシタカ?マタキテクダサイ」と言われたが苦笑いして無言で店を後にした。やはり新橋の中国系のお店は余り当たりが無いようなイメージが強くなってしまった。新橋では大人しくタイ系のお店に行くか、もっと直接的なお店に行った方が良さそうである。

 

     
この記事はいかがでしたか?
イマイチそこそこなかなか良いかも良いじゃない (まだ評価されていません)
Loading...
  Loading
この記事をお気に入りに追加
※トップページ上部の「お気に入り記事」の部分に表示されるようになります。

新橋カテゴリの最新記事

Top